糖尿病日記-発症(手術後-その2)

その2です。

 

身体検査が終わり、病室へ戻ると糖尿病内科の先生が来ました。

血糖値検査キットを手渡され、今後は、食前食後の血糖値を測るように

言われました。

しかも、それだけでは足りず、就寝前・起床後の血糖値も測るようにと。

使い方の説明がありました。

・指先に針をセットして、ちくっと刺す

・指先から出た血液をキットのセンサー部分に乗せる

・出てきた数値を看護師と自分用ノートに記入

・一日3回の食事プラス就寝前・起床後すべて記入

説明が終わり、早速使用開始。

最初の針を刺す瞬間は、なぜか困惑してしまいましたが

一度刺してしまえばあとは慣れだなと思うような痛み。

血液が出たら検査センサーへ乗せる。

検査センサーへ乗せる血液が少なすぎたのが、最初は反応せずでした。

指先をぎゅっとつまみ、再度血液を出し、もう一度センサーへ乗せる。

2回目は成功でした。

食前血糖値が260前後あり、正直びっくりしました。

血糖値測る前に医師から、食前血糖値は100前後が普通です。(術後の為)

と言われていたのに、軽く倍の数値はさすがにびっくりです。

まあ、最初のうちは高くても気にしないこと。

まだまだ入院1日目(手術日を入れると2日目)、糖尿病治療は今日から

スタートなんです。気長に理解と勉強しながらやっていきましょう。

そう言って病室から去っていきました。

ふと、気付くと家族が見舞いに来てくれました。

院内でも仕事ができるように掛け合ってくれたみたいで、病室にパソコンと

携帯電話を持ってきてくれたのです。

基本、電波の発するものの使用は控えるようにと言われてましたが

そうも言ってられません。

こんな時ぐらいゆっくり休めばいいのではと病院に勧められましたが。

それではこちらの気が滅入ってしまいそうで。

この時点で僕の入院生活の目途はまだ立っておらず、医師からは

大体1か月を目途にしておきましょう。とその程度しか今は言えませんと。

なにせ、手術もまだ続きができるかできないか不明な状態。

検査に次ぐ検査。

先が見えない状況に不安が募ります。

それでも治していかないといけないと思い、自分でもいろいろ調べることに。

まずは、ネットで調べることに。

検索ワードは常に

「糖尿病 足 切断」や「糖尿病 足 壊疽 壊死」

こんなことばかり調べてました。

今思うと、ネガティブなことを検索しては気を落としの連続を繰り返してたなと。

当時を振り返ってですが、この時期が一番何を言われても耳に入っていなかった。

今はある右足も退院時には無くなっているんだ。

などと、ネガティブなことばかりでした。

心の状態なんかは誰にも言えず、ましてや自分の内面に向き合うなんて

到底できない精神状態であったなと思います。

話を戻します。

入院生活がここから始まるんだ。

治していくのは自分がやっていくしかないんだ。

こう自分に言い聞かせ、いざ次の検査と意気込んでみたものの

今日の検査はこれにて終わりと看護師に言われました。

一日でできる検査は患者によって違うのですが、今の僕の状態だと

一日に2~3つの検査がちょうどいいぐらいらしい。

早く治して退院したい患者からすると、肩透かしを食らったような。

でも仕方ない。病院のペースに任せるしか今の僕には何もできない。

事実は受け入れて、流れに任せる。

そう思い、覚悟することに。

そして、食事の時間。

言われたとおりに検査キットで血糖値を測っていると医師が来ました。

「インスリンを投与するので使い方説明します。」

インスリン←こちらのページをご覧ください。

投与する方法は注射を打つ方法です。

おなか・または皮下脂肪が多い部分に注射するのがよいと聞きました。

なので、僕は当時110キロほどあったのでおなかに打つことに。

最初はちくっとしたのですが、これも針で指先から血を出すのと一緒で

慣れれば痛くない部類だなと。

でも、これを食前に打つのはなかなか面倒だなとは思いましたけど。

そして、入院生活の1日目が終了。

この日だけでなにかいろいろなものをやらなければならないんだなと。

ですが、ここから始めるしかないんだと。

医師からは「糖尿病は一生付き合っていかなければならない病気」と

言われたのですが、この時から芽生えた感情が一つ。

「絶対に治してみせる。このまま右足を残して生活できるように」

この思いを胸に眠りました。

 

次は入院生活を少し記していきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!

入院生活の最新記事8件

栄養バランスとカロリー制限の両方のいいとこ取り!「美味しく 楽して チンして 食べるだけ」の血糖コントロール食を始めませんか?
詳細・コース選択はコチラ
栄養バランスとカロリー制限の両方のいいとこ取り!血糖コントロール食を始めませんか?
詳細はコチラ!!