更新情報
糖尿病合併症について。

今回は当ブログの根幹部分である「糖尿病」についてです。

ちなみに「合併症」のことはみなさまご存知でしょうか?

おそらく「糖尿病」については、いろんなところで情報があるので知識はあると思います。

ですが、「合併症」についてはいかがでしょうか?

思いつくといったら「壊疽」とかでしょうか?

でも「合併症」はそれだけではありません。

今回はそういった「糖尿病」が原因で起こる合併症について書いていきたいと思います。

 

 

 

糖尿病合併症とは

 

血糖値が高い状態が続いていると血管や神経に障害が出てきます。

その中で「糖尿病患者」に起こる特有な病気があります。

 

・糖尿病網膜症

・糖尿病腎症

・糖尿病神経障害

 

この3つの病気が挙げられます。

そしてこの3つの病気を「三大合併症」と言われています。

 

 

 

 

糖尿病網膜症

 

この間当ブログでも取り上げました。

その記事は以下に貼っておきます。

 

糖尿病の眼についての話【糖尿病網膜症】

 

よろしければご覧下さい。

 

 

 

 

糖尿病腎症

 

 

腎臓に関係する症状です。

腎臓の働きというのは「血液中の不純物を尿で排出し、血液をきれいにする」ものです。

ですが、「糖尿病腎症」になってしまうとこの働きが低下してしまいます。

 

これにより、腎臓の働きが悪くなってしまうと最悪の場合「人工透析」が必要となります。

 

実際に「糖尿病腎症」になっても、段階があるのですぐに透析しないと行けないわけではありません。

 

糖尿病腎症の段階
・早期腎症
尿に排泄されないたんぱく質の一部であるアルブミンが尿検査でみつかる状態。自覚症状は全くありません。血糖と血圧のコントロールに気をつけることと、たんぱく質をとり過ぎないようにして、病気の進行を防ぎます。
・顕性腎症前期
尿たんぱくの検査が陽性の段階ですが、腎臓はまだ比較的よく働いていて、自覚症状は全くありません。血圧をより厳格にコントロールし、たんぱく質の摂取量を抑えます。
・顕性腎症後期
腎機能の低下が顕著に現れた状態です。この時期からむくみが現れる方もいます。十分な降圧治療、たんぱく摂取量の管理を続けるとともに、疲労を避けるために仕事内容・時間への配慮も必要になります。

 

なるべく早く自分がどの状態かを知り、対処・対応しなければなりません。

「早期腎症」「顕性腎症前期」は自覚症状がなく、どうなってるかがわからないと思います。

かかりつけ医に相談し、早めに対処し「進行を遅らせる」または「進行を防ぐ」ことに努力しましょう。

「顕性腎症後期」になると、自分だけではどうにもならない状態です。

医師と相談し、仕事先にも自分の状態を説明し、皆で乗り越えていかないといけません。

迷惑をかけているなんて考えないで下さい。

余計に「自分を苦しめること」になるので、深く考えすぎずに生活をすることを心がけて下さい。

 

そうならない為に、「日々の血糖コントロール」が必要なんです。

そうならない為に、「自分の状態を知ること」が必要なんです。

 

億劫だとか、面倒臭いとか言わずに「自分のため」に病院に行き、検査しましょう。

 

 

 

 

糖尿病神経障害

 

神経に関する症状です。

僕が実際になった状態が、この「糖尿病神経障害」による足の壊疽です。

 

僕のなった経緯や病院でどう過ごしていたかは記事に書いてますので、良ければご覧下さい。

 

 

他にも記事書いてますので、読んで見てください。

 

話を戻しますが、以下のことが起こり始めたら「神経障害」を疑って下さい。

 

糖尿病神経障害の前症状

・手足の痺れ

・痛み、熱さに鈍感になる

・下痢、便秘

・立ちくらみ

この状態が現れると、ちょっと危険です。

僕の様に「足に怪我」をして、病院にかかっていたにも関わらず「壊疽」してしまうこともあります。

※今では乗り越えましたが「最初に受信した病院」を恨んでさえいました。笑

 

この「神経障害」の症状というのは、

適切な血糖コントロールのみで改善します

 

実際経験した僕が言うので、間違いじゃ無いと思っています。

僕は「壊疽」以外にも、下痢で悩んでいたし手足が痺れたりしていました。

どこか痛みに鈍感な部分もあったからこそ、壊疽するまで「我慢」出来ていたんじゃ無いかと思っています。

 

神経障害は「本当に怖い」です。

何も気づかなければ「何も感じない」んですから。

意味がわからないかもしれませんので、具体的に話をします。

 

例えばですが、皆さんの中にこんな事ってあったりしますか?

 

・いつ治ったかわからない傷がある

・そもそも傷があったことに気付いていない

 

これは糖尿病患者の方以外にもあり得る話ですよね? でもこれが糖尿病患者になると少し話が変わります。

この傷が「足・つま先」に出来たものだとします。 特に体の中でも、足やつま先って案外「気にならない部分」だったりしませんか?

これが糖尿病患者以外の方だと「気にならないまま」で良いんです。

ですが、「糖尿病患者」の方は「気にならない」ではなく「気付いてない」んです。

この「気付いてない」は傷がどうとかではなく、「痛み」に気付いてないんです。

 

もっと細かく言いましょう。

「傷があったことに気付いてない」ではなく、相当な痛みを伴う「傷」であったのに「気付いてない」んです。

極端に言うと、タンスの角に足の小指をぶつけて骨が折れているのに「気付いてない」んです。

これが「神経障害」なんです。

 

どうです?ちょっとはご理解いただけましたか?

普通に生活をしていて「痛み」と言うのは忘れたりしませんよね?

でも「神経障害」が起こると、その「痛み」を感じない、又は「痛み」がわからない状態にあるのです。

 

それに「神経障害」が起こりかけていると言うことは、「糖尿病」が進んでいるという証拠なんです。

もし、「痛み」が感じられない・感じ難い状態があるのなら医師に相談し早めに「処置」しましょう。

 

そして、もう一つ重要なことです。

「糖尿病」は感染症にかかりやすいというリスクがあります。

この感染症がなかなか厄介なんです。

僕の場合もそうでしたが、「感染症」による足の壊疽でした。

足の怪我の傷口に何らかのバイ菌(ウイルス)が入ったとしましょう。

「糖尿病患者」というのは感染症が治りにくい・感染症になりやすいのが事実です。

このケアを一つ間違ってしまったり、傷を放っておくと「足の壊疽」に繋がります。

十分に注意して下さい。

 

僕自身は「足の壊疽」で手術をしています。片足を失うことなく今も生活しています。

ですが、「神経障害が発端による足の壊疽」で片足もしくは両足を切断している人もいるのが現状です。

足だけではなく指も切断している人が多くいます。

そうならない為にも、血糖コントロールが大事なのです。

 

 

 

 

 

合併症にならない為に必要なこと

 

当たり前のことですが、毎日「摂生」していると思います。

糖尿病と診断されて幾らかの日々が過ぎ、向き合うことが出来る様になってからで良いです。

この先はそういうお話です。

 

 

 

生活習慣を再度見直す

 

やはり「人間というものは慣れる生き物」なのです。

最初のうちは、頑張って乗り越える・付き合っていくと決めるのですが

数値が安定してきたり、ちょっと体重が減るとすぐに「慣れて」しまうんです。

 

そうならない為に「生活習慣を再度見直す」ことが大事なんです。

運動・食事・睡眠

この3つは「糖尿病を乗り越える為に必要な3つ」だと僕は考えています。

多少のリズムの狂いは仕方ありません。

ですが、「慣れ」が来てしまうと多少どころではすみません。

リズムが狂いっぱなしになるのが「人間」というものです。

 

ここで3つポイントを伝えておきます。

 

生活習慣を見直すべきタイミング

・体重の増減がひどくなってきたとき

・睡眠より「付き合い」の方が大事だと思ったとき

・食べることがストレス解消になったとき

 

このタイミングが重なる時が必ずきます。

その時にこの3つのポイントを思い出して下さい。

 

結果的に「生活習慣を見直す」というのは「生き方を変える」だと思っています。

他人軸で生きるから、上記の3つが出てくると思います。

 

実際の話、始めた当初が一番気合が入って行動する時です。

そこからかなりの歳月が経って、慣れてしまうから「ポイント」が現れてくるのです。

 

これを放って置いたら最後だと思って下さい。

せっかくの頑張りの水の泡ですよ。

 

一度正常値に戻ったり、病院の検診でOKを貰ったとします。

それが、一時的なものだったらどうしますか?たまたま良かっただけなんて普通にあり得ますよ。

たまたま「良かった」ことを喜んで、今までの生活スタイルに戻すなんてもっての外です。

 

あっという間に「糖尿病予備軍」だったのが、「重度の糖尿病」になることなんてありますよ。

重度の糖尿病になると、前項でもお伝えした通り「合併症」のリスクが格段に上がります。

 

そうならない為にも「生活習慣を見直す」は常に心がけて下さい。

 

 

 

 

自分の体に興味を持つ

 

常に「顔や手」は気にしたりしてませんか?

もしくは「お腹周り」だったりだけを気にしていませんか?

 

あなたの体はそこだけじゃ無いですよ。

全身が身体です。

 

セルフチェックを行うことで「合併症」のリスクは格段に減ります。

 

なぜかというと「自分の体の状態を常に気遣う様になる」からなんです。

ちょっとの「不調」が原因で合併症になるリスクはあります。

原因なんてどこかしらに溢れているんです。たまたまうつされるものじゃないですからね。

 

ここでも3つポイントを伝えておきます。

 

セルフチェックすべきところ

・つま先

・腰

・お尻

 

そんなところチェックする必要あるかと聞こえてきそうですが、あえて言います。

 

この3つが「壊疽」につながる傷が出来た時に 放置 されやすい場所なんです。

だからこそ「セルフチェック」が必要です。

もし、ご家族に協力を得られるなら「お風呂上がり」にチェックしてもらうことをオススメします。

全裸で鏡の前に立ち、自分でチェックするにはコツと根気が要ります。

なので、ご家族の協力を得られるなら協力してもらいましょう。

 

いち早く「異変」に気付き、「処置」することが本当に重要です。

自分の体に興味を持って、日々の生活を過ごして下さい。

 

 

 

 

時には薬に頼りましょう

 

病院から処方されている薬があるなら飲んで下さい。

決められた分量・回数をしっかり守って下さい。

 

その薬は「あなたの健康状態に適した」薬です。

よく巷では「病院の点数稼ぎのための薬」なんて言われていますが、こと糖尿病に関してはそれは少ないと言えます。

なぜかというと、薬の適量を間違うと「低血糖」が起こるからです。

「低血糖」になると全身が震え、自分ではどうすることも出来ない状態に陥る場合が多々あります。

そこをわかっていない医師は当然変えた方が良いですし、その傾向が見られるならぜひセカンドオピニオンを探しましょう。

 

薬に頼りたくないというお話を聞きますが、それにはかなりの「覚悟」が必要です。

特には頼って良いのが「薬」です。

 

調子が悪い時や、摂生を続けるのが困難な場合は頼って下さい。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

ここまでご覧頂きまして、ありがとうございます。

今回の記事は「糖尿病合併症になり得る可能性がある方」へ向けて書きました。

 

前段階である症状が見つけられないのが「合併症」の怖いところであるので、

日々のチェックや医師への相談は必ずして下さい。

 

そして、合併症にも段階があるということを知って置いて下さい。

必ずしも「糖尿病患者全員がなる」ものでもないです。

 

僕の場合は「足の壊疽」から糖尿病がわかりました。

そして、生活習慣を改め食事改善し今に至ります。

足を失うことなく過ごしているし、網膜症のリスクも最大限下げています。

数値と生活さえ改めれば、そうそう合併症を怖がらなくてみ良いと思っています。

ですが、少しの気の緩み・油断が「合併症のリスクを高く」します。

 

そうならないための対策は自分自身でしか出来ません。

周りが言っても行動するのは「あなた自身」です。

 

1人で出来ない時は頼って下さい。

頼ったって良いんですよ。あなたは「独り」じゃない。

そこを忘れることなく「適切な対応・処置」を頑張りましょう。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

 

 

おすすめの記事