更新情報
食事改善にオススメ!!これを読んで勉強した「本」の紹介!

お疲れ様です。

 

日々いかがお過ごしでしょうか?

 

今日からGWの方も多いと思います。

 

もうしばらく影響が出そうなので、ステイホームで頑張りましょう!!

 

 

さて、今回は紹介記事です。

 

今まで僕が読んできた中で、「これは読んでよかった!」という本をご紹介させて頂きます。

 

気になる方は是非読んでみて下さい。

 

 

 

目次

 

食事改善のためのおすすめ本

 

 

生活習慣病に悩んでいる方の中で、自炊をしている方は少なくないでしょう。

 

でも、独学や病院の医師・管理栄養士の方に教えてもらったレシピだけじゃ物足りなくなるのも事実。

 

そこで、僕は「本」から知識を得て「食事改善」しました。

 

昨今、糖質制限ブログやダイエットブログなどがものすごく多く、知識の宝庫となっておりますが、

 

5〜6年前って今よりそんなに無かったんですよね。

 

やっぱり「本」に頼るしかない状況でしたし、「実践してきた・指導してきた」方の本を読むことで

 

取り入れることが容易にできるんです。

 

僕自身、「本」を読むことで知識を得ることが出来たし、今ではその知識を使ってアドバイザーとしても仕事をしています。

 

僕は、「本とは著者との対話であり、マンツーマンの指導である」と思っています。

 

勉強のために、そして自分の食事を改善するために前進あるのみなんです。

 

皆さんも良ければ是非読んでみて下さい。

 

 

 

 

食品別糖質量ハンドブック

 

 

 

食事改善をする中で、「糖質量」は気になりますよね。

 

こちらの良いところは「食品別」になっているというところ。

 

自炊をして自宅で食事をしている時は良いのですが、どうしても「外食」の機会ってありますよね。

 

これを読んでおけば「外食」も怖くないです。←実際の経験です。

 

大体の計算は出来るものの、難しいのが「塩分」と思います。

 

その「塩分量」まで書いてくれているので、本当にオススメです。

 

 

 

 

薬に頼らず血糖値を下げる方法

 

 

 

これは、「血糖値」と戦っていた時に出会っていたら本当によかったと思える本です。

 

僕自身、「薬」に頼らず「食事と運動」で血糖値を下げ、HbA1cも下げたので。

 

やっぱり「インスリン」を打ち続ける生活って嫌ですよね。

 

その状況をどう脱したら良いかが書いているのが、「薬に頼らず血糖値を下げる方法」です。

 

「血糖値が…」「糖尿病予備軍に…」とか悩む前にこの本を読んで勉強するのをおすすめします。

 

 

 

 

 

主食を抜けば糖尿病は良くなる!

 

 

この本は、退院してしばらく経ってから「担当医師」にもらいました。

 

詳しくは、自分が読んだ本を譲り受けたと言った方が良いでしょう。

 

医師も「この本が良いらしい」と聞いて頂いた本らしいです。

 

ですが、内容は抜群です。

 

最初は、糖尿病治療の根本的なところからの見直しって感じから入っていきます。

 

「糖尿病食」と「糖質制限食」の違いや効く理由も載せられており、非常に良いです。

 

もし、読んだことがないなら是非とも手にとって欲しい一冊です。

 

 

 

 

 

糖尿病食事療法のための食品交換表

 

 

言わずと知れた、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

 

多分、皆さん知っているとは思いますが、改めて見ると忘れていたことや「あれ?」と思うことがあります。

 

これは「読み直す」「読み返す」ことで知識を深めていく書物だと思います。

 

いわゆる辞典的な感覚で使用するのが良いかと思います。

 

持っている方は改めて読む、持っていない人は迷わず購入して読むことをおすすめします。

 

 

 

 

50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド

 

 

最近出版された中で、僕自身が読んでいる書籍です。

 

内容もわかりやすく、実践しやすいです。

 

アドバイスさせて頂いてる方たちも購入している書籍です。

 

「肥満」についても書いているし、自分がどの型になるのかも知れますよ。

 

継続するための方法や、習慣化する方法も掲載されていますので是非読んでみて下さい。

 

 

 

 

 食事改善のためのおすすめレシピ本

 

 

ここからは、レシピ本です。

 

これを参考にしてオリジナルレシピを作るも良し、完璧に再現するも良しです。

 

自炊している方には簡単に作れてオススメです。

 

奥様や親御さんに作ってもらっている方には、このブログを読んでいる「あなた」からプレゼントして下さい。

 

そして、「一言」付け加えて下さい。

 

「いつも体のこと心配してくれてありがとう。メニュー作りに困った時に読んでみてね。」

 

これだけで良いんです。「あなた」のことを心配して自分で「勉強」してくれているんです。

 

作り手の気持ちも考えてあげて下さい。

 

病気は「自分」との戦いですが、治療は自分と「自分以外の協力者」との戦いでもあります。

 

その「協力者」無くしては勝てません。

 

これだけは言わせて下さい。

 

「あなた」の戦いは「あなた」だけじゃない。周りの方々も戦っているんです。

 

なので、「独り」だとは思わずに「協力者」に協力してもらって下さい。

 

そして、感謝の気持ちは忘れないでいて下さい。

 

ちょっと逸れましたが、以下からどうぞ。

 

 

 

 

糖尿病の人の簡単作り置きレシピ

 

 

主菜・副菜のレシピが満遍なく掲載されています。

 

発行してだいぶ期間は空いていますが、現在出版されている本もこれが基本になっているんじゃないか?

 

と思わせるようなレシピ本です。

 

僕が、実践しているレシピなんかもこの本の中から何点か参考にしています。

 

 

 

 

 

糖質制限の大百科

 

 

 

レシピもさることながら、全てが載っている一冊です。

 

最初に紹介するべきか悩みましたが、自分だけじゃなく「協力者」にも読んで頂きたかったので

 

こちらでの紹介となりました。

 

糖尿病や生活習慣病の方と「生活」をしていると、「本人」よりも「周りにいてくれる協力者」の方が気になるものなんです。

 

それは「本人」以上に心配しているからなんです。

 

それは「あなた」を1番に考え、「たいせつ」に思ってくれているからなんです。

 

自分で勉強もしつつ、家族や大切な方に渡して下さい。

 

感謝の気持ちも忘れずにお願いしますね。

 

 

 

 

食いしん坊が43キロやせてリバウンドなし! まんぷく糖質オフごはん

 

 

知っている方も多いはず!!

 

メディアにも取り上げられ、著者の方はブログもしている方。

 

女性ならではの観点から書かれているので、男性の僕も読みやすかった。

 

小難しい話は抜きで、とても読みやすい!!

 

レシピならこれが絶対的におすすめです。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

今回の記事で紹介した本の中には、発行年が古いものもございます。

 

ですが、中身は信用できるものであり、実践すれば間違いなく効果が出るものばかりです。

 

僕自身も読んで、行動してます。

 

アドバイスさせて頂いてる方達も実践し、その度に効果が出ているとの報告も受けています。

 

「薬がない生活」「通院回数を減らした生活」を送りたいなら、まず自分で勉強して下さい。

 

そして、実行して下さい。

 

数値改善や生活改善は、「自分の行動なくして成功はあり得ません。」

 

そして、「周りの方々の協力なくして成功はあり得ません。」

 

皆さん自身の行動と、周り方々の協力で成功する事を心から祈っております。

 

 

 

昨今、いろんな社会情勢で出歩く事自体ができない状況です。

 

今回紹介した本を読んで勉強して、家の中でも出来ることから行動して下さい。

 

千里の道も一歩からです。

 

共に乗り越えましょう。

 

 

 

最後の最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

 

それでは、次回もよろしくお願いします。

おすすめの記事