更新情報

どうも、としです。

検査がありまして、その中で医師から久々にダイエットしてきて下さい。

と、言われたので(結構実験な感じです)ダイエット始めます。

まずは、現在の僕の様子からお伝えしておきます。

・体重 78㎏

・ウエスト80センチ

・血糖値 86(空腹時) 122(食後)

・HbA1c 5,4

とりあえずはこんな感じでいいですかね。

では、目標を決めていきましょう。

・体重 70㎏

・ウエスト76センチ

・血糖値 キープ

・HbA1c キープ

目標値は高い方が見てくださっているみなさんに分かりやすいかと思います。

ですので、今回はこの設定値にしました。

続きまして、この設定値に行くために何をするか。

大きく分けて2点です。

この2点の大まかな僕の見解を紹介していきます。

 

1、食事改善

2、運動改善

 

 

食事改善とは

 

・バランスの良い食事を摂る

 

この一択に限ります。

 

【バランスの良い食事】

 

僕が思うバランスの良い食事とは

 

栄養素が十分摂れる食事

 

と、考えています。

 

具体的には

 

①主食(ごはん・パン・麺類等(炭水化物)の食べ物)

②主菜(肉・魚・卵・大豆製品等タンパク質を含む食べ物)

③副菜(野菜・きのこ・海藻類等ビタミン・ミネラル・食物繊維を含む食べ物)

 

当たり前のようで、現代の食事では当たり前ではないこの3点を重視しています。

俗にいう「炭水化物抜きダイエット」は①主食を抑える又は抜くというダイエットで

主に糖質(糖分)を摂らずに痩せるダイエットと言われています。

しかし、欠点があります。

それは、意外にも野菜にも炭水化物が多く入っている野菜があり、

せっかく野菜を摂っているのに、痩せないという事実です。

多くの人は、「野菜摂って、ご飯我慢したら痩せるんでしょ?」

と思っているはず。

でも、違います。

そもそも、糖質と体の関係性から見直していくこと。

これが、ダイエットだと考えています。

では、根本的な事を言いますが

皆さんは糖質とはなんだかわかっていますか?

偏見・誤解が無い様に記しておきます。

糖質とは

・穀物類やいも類等に含まれている、人間のエネルギー源となる栄養素

・デンプンも糖質の仲間

・脂質やたんぱく質と比べると素早く使える栄養素

ということです。

この事から分かるように

糖質=悪いもの

というわけではないというのは、お分りいただけたでしょうか?

では、なぜ糖質を摂りすぎはダメなのでしょう。

理由は簡単。

摂りすぎた糖質は、そのまま溜まっていくからです。

お金は貯まり過ぎてもいいですけど、

脂肪は溜まると太る一方。

じゃあ、食べた分動かせばいいのか!?

と言われるでしょう。

この答えに正解はないですが、一つ言えるのは

そうです。

の一言だと思います。

糖質=即効性のあるエネルギー

と、考えてみる。

すると、どうでしょう。

自ずと答えが見つかりませんか?

そうです。

運動前に少し糖質を摂り、脂肪を燃焼しやすい体作りをする。

この考え方は、皆さんの中にありましたか?

僕はこの考え方で、先日書いた記事内の

100キロ〜70キロまで痩せました。

そのほかにもやった事や、自分なりのメソッドはあります。

が、それは次に記していきますのでここでは割愛します。

そして、バランスの良い食事の中枢と言っていいのは味付けだと考えています。

せっかくの十分な栄養素の理解を得たのに、味付けを間違うと

元も子もありません。

なぜ味付けが大事か。

理由は簡単。

塩分です。

元来、日本人は塩分を摂り過ぎなんです。

世界水準で言っても、かなりの塩分塗れな生活を送っています。

日本人の塩分摂取量=1日8g

諸外国の方の摂取量=1日5g

これは、どのサイトで確認頂いてもいいです。

これが、日本人の摂取量です。

どうです?多いでしょう?

これが実際どういう効果をもたらすか。

塩分が高い=食欲が増す

どうです?

味付けが濃いもの食べると、ついつい食べ過ぎちゃいませんか?

元デブの僕は、実際そうでした。

そこで、入院中に勉強した結果が

塩味を抑えて味付けする。

ここに落ち着きました。

要約すると、出汁をちゃんと取り、薄い味付けでも満足できるような

調理方法をする。

これだけです。

塩味を抑えていれば、むくむこともないし、食べ過ぎることもない。

本来、だしには十分な栄養素と味が付いているので、

それ以上の味付けは皆無。

食を楽しむには出汁を取ればいい。

洋食にも応用できます。

まずは、素材を煮込む。

香味野菜を入れる。

じっくり煮込む。

これだけでいい出汁取れます。

実際これで僕は調理していますし、うちの奥様は僕の食事を摂るようになってから

身体の調子も良く、風邪知らずです。

煮込みだけじゃ、食事にならないので焼きの方も。

焼き物は基本的には塩は軽く振ります。

和食は特にそうです。

魚を焼くときはごく少量の塩のみ。

ですが、ここで自分的なポイントですので、一つ言っておきます。

塩を振った後、10分ほど置いておく。

これだけです。簡単でしょ?

これで焼けば塩味を感じます。そして美味しくいただけます。

洋食のメインといえばステーキ。

僕の場合は、コショウで味付けします。

味気ないやん!て思ったでしょう?

実際そうでもないです。

コショウのスパイスが効いて、塩コショウで焼くより美味しいです。

試したことがない人はぜひ一度お試し下さい。

話は逸れてしまいましたが、食事はこの辺で。

 

 

2、運動

 

これは言わずもがなだと思います。

あまりカロリー消費の話をしても仕方ないので、

運動量=カロリー消費

ということだけ、お伝えしておきます。

そして、運動といえば

ジムに通ったり、ウォーキングしたりなど思いつきますよね?

でも、もっと簡単にできる運動から始める。

これが運動改善だと思います。

参考例ですが、

・普段のエレベーター乗るのを、階段使う

・電車一駅分歩く

こんなのは実際無理です。

だって、自分の行動を制限しているんですよ。

こんな事じゃ長く続けることなんてできません。

もっと生活レベルの中で運動として組み込む。

これが「運動改善」だと思っています。

実際、僕が日々やっている参考例です

・掃除機かけながらストレッチ

・洗濯物干しながら腹筋運動

その他諸々ありますが、今は二つだけ。

どうです?生活の中でエクササイズできるっていいでしょう?

お金も時間もかからないダイエット方法です。

そして、自分を追い込むトレーニングも必要です。

僕の経験から言うと、

「自分を律することが出来ない人間にダイエットはできない」

こういうと厳しく聞こえますが、実際そうです。

ではトレーニング内容です。

・腹筋

・足上げ腹筋

・スクワット

・体幹トレーニング

・ウォーキング

この5点です。

少ないでしょ?でもここから追い込むんです。

追い込み方は人それぞれ。僕の場合は、持っている地盤が違うのでちょっとキツめです。

各項目を100回を1セットとして、一日3セット。

体幹トレ・ウォーキングに関しては時間でやります。

各項目30分を1セットとして、一日3セット。

これが、僕のメニューです。

 

いかがでしょうか。

実際これをやり始めて今日で5日目。

これを3ヶ月続けていきます。

甘えはなしです。

人は時にストイックにならなければなりません。

継続的ダイエットを推奨してますが、

こういう企画的なものも試すのもいいと思います。

 

おすすめの記事